スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

アレンジいろいろ

2011/07/26(Tue) 17:48
花の資格 (NFD)

今週のフラワーの講座は、フリーアレンジメント。
ちょっと変わった「花束」です。
   
2011年は「1の年」ということで、温故知新がテーマ。
夏のトレンドは自然(エコ・ナチュラリズム)。
 
110725_花束1
 
というわけで、この花束。
トクサとグリーン(名前忘れた)の枝で逆三角錐の枠を作り、その中にメインのグロリオサを収めています。
 
そして、下の方にも小さい花束。
 
110725_花束3
 
SPカーネーション、ヒペリカム、カスミソウを各々グループ分け。
 
麻紐で縛る→茎を切り揃える→ステムティッシュを巻いて水を含ませる→ビニール袋で覆って保水
 
110725_花束4
 
ハランの葉っぱで持ち手をラッピングしたら出来上がり。
 
 
110725_花束5
 
グロリオサ。
 
 
.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。
 
 
ついでに…
↑の前日、祖父母の米寿のお祝いの会があって、初めてちゃんとしたアレンジメントを作ってプレゼントしました。
スクールで使った花の余りじゃなく、ちゃんとお花屋さんに買いに行って…って意味で(笑)
 
最初は普通にテーブル花的なものを作ろうと思ってたんですけど、祖父母2人だけの席があると聞いて、急遽そのテーブルの前に飾れる2対のアレンジメントにしました。
 
夏なので、当日の朝からバタバタ作ってたら、思いっきり写真を撮り損ねてコレしかありません
これは輸送中に車内で撮った写メ(笑)
 
110724_米寿お祝い
 
お花の好きなおばあちゃんの好みに合わせて花材もチョイス。
(ヒマワリ、トルコキキョウ2色、アンスリウム、ヒペリカム、リモニウム、ピットスポルム、アイビー)
可愛らしい感じが好きな人なので、全体的に明清色でまとめました。
特にピンクのアンスリウムが可愛くて可愛くて(*´ェ`*)
 
あと、このお花の残り(+α)で、コサージュも作ってあげました。
これも、現地に着いてギリギリの時間で作ったので単体で撮れなかった&ワイヤーを祖父母宅に置き忘れてきたっぽい…(´▽`;)
 
 
今回、めっちゃ近所のお花屋さんで調達したんですけど、そこは所謂普通の町のお花屋さんとはちょっと違っててお気に入りなのです
 ** お店のウェブサイト→[ Florist Ikaruga ] **
でも、こういう時でもないと、滅多に買いに行けないんですよね…
スクールの方の花材費が毎週4000円かかってるんで
 
 
.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。.*゚・。
 
 
ついでのついでに…
↑の更に前日、フラワーの講座の体験セミナー的なものがあって、出席してきました。
なんで今更?…なんですけど(´▽`;)
 
この日やったのは、ゼリーを使ったアレンジメント。
 

 
このゼリーに興味があったんです(笑)
 

 
ゼリーはゼリー、アレンジはアレンジで分かれてます。
めっちゃ涼しげでしょ
 
これは中に石を入れてるけど、肉厚な花とか葉っぱなら、少しは持つらしいです。
(※茎を挿すんじゃなくて、中に入れちゃうってこと)
でも、暑いとやっぱり腐るのも早いんで、普段使い(?)は無理だけど、今の時期のイベントごとで、数時間だけ持たせればいいとかだったらピッタリ
 
 
ゼリーの素材は高分子吸収体。
水分を吸うと何倍にも膨れます。
商品名はマジッククリスタル
ボールタイプ、キューブタイプ、クラッシュタイプ等があって、色も様々。
 
↑の写真のゼリーには、水がひたひた近くまで入ってます。(水を入れると透き通って見える)
でも、観葉植物なんかを植え込む場合は、底に根腐れ防止剤を敷いて、ゼリーの余分な水は切って入れます。
しばらくすると、植物が水分を吸ったり、蒸発したりしてゼリーが小さくなってくるので、その時は水を足して膨らませ、また余分な水分は取り除きます。
 
ただ、水耕栽培をするなら、普通のハイドロボールを使った方がお手入れは楽かも…
ビジュアルは綺麗だけど(´▽`;)
って、比べたことないから一度比べてみなきゃ
 

テーマ: フラワーアレンジメント
ジャンル: 趣味・実用

Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。